ウォークマン今昔

毎朝ウォーキングしているが、歩行中は暇で仕方なく、また雑念が湧いてくる。その解消策として音楽を聞こうと思い、ソニーの最新型ウォークマン(容量16GB)をヤマダ電機で購入した。超軽量コンパクト設計で、胸や短パンのポケットに収まる。FMラジオも付いているので便利。音質も最高で、また音が外に漏れることもなく、電車内で聞いても迷惑にならないだろう。

ウォークマンと言えば携帯用音楽プレイヤーの元祖だ。30年以上前の新入社員だった頃に、東京秋葉原の電気街でソニーの初代ウォークマンを買った。再生できるのはカセットテープだけで、腰のベルトに吊り下げてヘッドホンで音楽を聞く。ソニーのウォークマンは当時画期的な製品で、若者を中心に爆発的に売れたため、追随するように家電他社も類似品の4販売を開始した。その後、次第に軽量小型化し、オートリバースやラジオ機能も付くなど進化して行く。

カセットテープの時代が終わると、CDウォークマン⇒MDウォークマンとさらに進化し、IT技術の驚異的発展をを背景に米アップル社のi-PODが全世界を席巻すると、ソニーもPCからウォークマン本体に楽曲を転送出来る製品を世に出した。
これが現在のウォークマンにつながっているが、他の家電メーカーはウォークマンから撤退した。

初代ウォークマンと最新型のウォークマンを比べるとまさに隔世の感がある。30年の歳月は重い。価格は低下し、軽量コンパクト化と機能の充実ぶりには目を見張るばかりだ。

いや~、技術の発展というのは本当にスゴイものだ!

沖縄の不都合な真実

今図書館から5冊本を借りているが、久しぶりに読み応えのある本に出会った。タイトルは「沖縄の不都合な真実」(新潮新書)。

現在、沖縄と政府は米軍普天間基地の辺野古への移設問題を巡り、厳しく対立している。本書では、この問題の背景や本土のマスコミではほとんど報道されない沖縄の裏事情に鋭く迫っている。本書を読むと、沖縄の基地問題への理解がより深まるとともに、従来の沖縄に対する認識に多少とも変更を迫られる可能性がある。3月に発行されたばかりのタイムリーな好著である。皆さんにも一読をお勧めしたい。

久々の日帰り温泉

連休後半の初日となった5月2日(土)は、久しぶりにドライブがてら遠出して温泉に浸かってきた。子供の休日のお世話も兼ねて・・・。初夏を思わせるような絶好の行楽日和。朝早くに出発したので、途中の渋滞に巻き込まれることもなく、約1時間半で目的地に到着。

瀬戸内海の多島美と爽やかな風を受けながら愛車を走らせる。コンビニで買った弁当を休憩所で食べた後、温泉施設に行く。大人1人500円。障害者割引は月曜と木曜しか利用出来ないので、ちょっと残念。まぁ、時間が早くてほとんど貸切状態だったし、サウナも利用出来たので、十分元は取れたと思う。

連休最終日の5月6日(水)も晴天の予報だが、帰省ラッシュに巻き込まれそうなので、外出は買い物程度か・・・。

船戸与一 死す

私の好きな作家のひとりだった船戸与一が亡くなった。享年71歳。若過ぎる死だ。

主に海外を舞台とした冒険ミステリー小説が多かった。綿密な取材に基づく、壮大なスケールと圧倒的なリアリティで読者を打ちのめしてくれた。最初に読んだのは「猛き箱舟」。それ以来熱烈な船戸ファンとなり、殆どの作品を読んだ。「虹の谷の五月」で直木賞受賞。他にも色んな文学賞を受賞しているが、直木賞・芥川賞は別格で、売れ行きも書店での平積み冊数も凄かったと、生前語っていたのが印象的だった。皆さんにも彼の作品のご一読をお勧めしたい。

惜しい作家を亡くした。合掌・・・。

アメリカンスナイパー

話題の映画「アメリカンスナイパー」(クリント・イーストウッド監督)を見てきた。映画館に行くのは、昨年秋の「蜩の記」以来である。

この映画はイラク戦争で活躍した実在の米軍特殊部隊の狙撃兵を主人公にしたもので、迫力ある戦闘場面が多いのでやはり映画館で鑑賞するのが良い。戦争の悲惨さを実にリアルに映像化している。単なるエンターテインメントではなく、この映画も広くとらえればクリント・イーストウッド流の反戦映画になるのだろうと考えている。

皆さんにも鑑賞をお勧めしたい。
プロフィール

パルタ7

Author:パルタ7
うつ病で会社を退職した元サラリーマン。再就職にも失敗し、日々無為に過ごしている。趣味は、クルマ・読書・音楽・映画。持病と格闘中。

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数: