芸能事務所はブラック企業?

ここ2~3週間ほど芸能ワイドショーを騒がせているのが、女優でタレントの清水富美加の出家引退騒動である。本人の直筆FAXメッセージ&告白本の内容、宗教法人「幸福の科学」の見解、芸能事務所の言い分が、それぞれ異なっているは当然のことと思う。一方、芸能人からは彼女を非難する声が圧倒的に多く、擁護する声はほとんど聞こえてこない。彼女はそんなに悪い事をしたのだろうか?

一般的に芸能人は所属事務所と契約するが、それは雇用契約ではなく個々の仕事についての請負契約と言われている。芸能事務所と雇用関係にあるのはマネージャーだろう。芸能事務所から見ると芸能人は仕事の請負人、マネージャーは従業員ということになる。彼女クラスの芸能人なら、請け負う仕事の内容について多少の我儘も許されるかと思ったら、全然違うらしいのである。要するに事務所は絶対的存在であって、その意向に逆らうことは不可能というのが実態のようだ。嫌な仕事でも絶対にやらなければならない。彼女はこれがもう耐えられなかった。精神的にも相当追いつめられていたらしい。だからこれを回避するには出家引退しかなかったのだろう。宗教法人への出家というのがかなり特殊ではあるが・・・。

一方芸能界の常識では、事務所や仕事に不満があっても我慢するのが芸能人である。だから、今回の件で芸能人の多くは、彼女は仕事を投げ出して逃げたと言って非難するのだろう。もし自分がやれば、必ず干されてしまうという恐怖感があるため、何も言えないのだと思う。ある程度の自由が許されるのは、一握りの大物芸能人だけである。

こうしてみると芸能事務所は、世間一般でいうところのブラック企業にほかならない。しかも相当に古い体質を持っていて、これを改めようとする自浄力はほとんど期待出来そうにない。雇用関係が存在すれば事務所も芸能人も労基法の適用を受けるが、芸能人及びその「労働」に関して法的な身分保障は何もない。

聞くところでは、彼女の所属芸能事務所は、NHKの朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクした能年玲奈(現在は、のん)の事務所と同じである。同じ事務所で2回も似たような揉め事が起こるというのは、やはり事務所側にも大きな問題があるのではなかろうか・・・。

今回の件に関して特に彼女の肩を持つ訳ではないが、いずれにしても、若手の有望な女優でありタレントが芸能界を去らざるを得なかったのは、残念なことである
関連記事
スポンサーサイト

コメント

カメ子さんへ

おはようございます。コメありがとうございます。
私も芸能事務所の事に精通している訳ではなく、雇用契約の有無についての詳細は不明なので「一般的に」という曖昧な表現にしました。但し、少なくとも個別の仕事の内容までは芸能人側に選択の余地はほとんどないようです。彼女の言い分の中に、「水着姿は嫌で堪らなかったけどやらざるを得なかった」とあるので、仕事内容の一部であってもそれを拒否することは不可能だったと思われます。

こんばんは

芸能人は事務所と雇用契約を交わしていないのですね。
知りませんでした。
それでは事務所の言っているように、やりたい仕事だけをやっていたと言うのはウソなんですね。
確かにブラック企業のようですね。
でも、声をあげ、問題視する人が多く出てこないと変わらないのでしょうね。
芸能人もストレスを抱えながら、仕事をしているのですね。
ポチ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:パルタ7
うつ病で会社を退職した元サラリーマン。再就職にも失敗し、日々無為に過ごしている。趣味は、クルマ・読書・音楽・映画。持病と格闘中。

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数: