歴史的瞬間に立ち会う

オバマ大統領が広島を訪問するというので、私も平和記念公園まで足を延ばして来た。原爆を世界で唯一投下した国アメリカの現職大統領が、被爆地広島を訪問するという歴史的瞬間に立ち会うためだ。

数千人の警察官で厳重警備され、これを上回る一般市民・メディア関係者・外国人観光客でごった返す平和記念公園の入口付近で待機すること約2時間半、遂に大統領らを乗せた車列が目の前を通過した。大統領専用車と思われる一番豪華なリムジンをスマホの写メに数枚収める事が出来た。但し、平和記念公園内の様子は外からは全く窺い知れない。数十台の警察用大型バスでずらりと取り囲まれ目隠しされているためだ。これだけ多くの一般市民が一目でも大統領の姿を見たいと集まって来ているのだから、せめてオーロラビジョンくらいは設置して欲しいと思った。

謝罪の是非など米国内で賛否両論ある中、何はともあれ大統領自ら決断し、広島を訪問した事自体は評価出来ると思う。核兵器廃絶への道は険しく遠いが、今回の訪問がその第一歩になればと願わずにはいられない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

砂希さんへ

こんにちは。コメありがとうございます。
オバマ大統領は米軍の最高司令官に当たるので、核兵器使用を含む戦争に際してはアメリカ最大の責任者です。その彼が被爆地の惨状を改めて知ったことは、意義深い事と言えます。今後も核保有国のみならず世界各国の指導者が、被爆地・広島と長崎を訪れて欲しいと思いますね。

No title

戦争の悲惨さを知らなければ戦争が無くなることは無いのだから権力者の1人でも悲惨さを実感されれば平和維持に貢献できたと言えるでしょうね。

オモダカさんへ

こんにちは。コメありがとうございます。
米国にはオバマ君の遺訓をきちんと実行してもらいたいですね。取り敢えずはTPPの批准ですが、次期大統領候補はいずれも否定的です。特にトランプ氏は国民に渦巻く不満を代弁して人気になっていだけで、政策は全く未知数で危険な香りがします。秋の大統領選の行方が気になるところです。

noriさんへ

こんにちは。コメありがとうございます。
オバマ大統領の広島訪問自体に異論をはさむ人は少ないでしょう。問題は彼の理念である「核無き世界」をきちんと引き継げるかどうかだと思います。派手なパフォーマンスと暴言だけで人気を博しているトランプ氏など論外。アメリカも困ったもんです。

No title

オバマ大統領の発言はもっともですが、任期は残りわずか。
残念ながら議会の反対によりその政策の多くは実現できませんでした。
トランプ大統領は悪夢そのものです。
勘弁してほしいですね。

オバマさん

パルタ7さん、こんばんは。

オバマさん、広島に来ましたね!
あくまでも原爆被災者に対しての慰霊での訪問でしょうが、とても意味の有る事だと思います。
トランプは日本も韓国も核爆弾武装をと云う暴論を吐いて支持を得ていますが、もしも次期大統領に就任出来た際にはどれだけの事を実行出来るのか?
それ以前にアメリカ国人民の民度の低さには唖然としますね。

カメ子さんへ

こんばんは。コメありがとうございます。
今回のオバマ大統領の広島訪問については、百人百様の考え方があると思いますが、客観的には訪問自体は評価出来る事だと考えます。オバマ大統領だからこそ可能だっ事だと思います。

私の考え方

こんばんは。
お久しぶりです。
アメリカの大統領でも広島に訪問しようと思ったのはオバマ大統領が黒人であったからのようにも思えます。
アメリカでは人種差別は今だにあると思います。
その中で黒人である大統領だからこそ、広島に来ようと思ったのではないでしょうか?

それに原爆は決して許されるものではないと思います。
広島や長崎の市民には何も悪いところはありません。
でも、日本が始めた戦争ですよね。
結局は罪のない人達だけが被害者になってしまいましたが、戦争を終えるためにした事です。
責められるのは、戦争を始めた人達です。
その人達だけを死刑にするだけの方法はなかったのかもしれませんね。
だから、オバマ大統領のコメントに謝罪はなかったのではないでしょうか?
それでも原爆被害者と抱き合い、笑い合っていた場面が印象的でした。

うめぞーさんへ

こんばんは。コメありがとうございます。
国際政治は国益で動いています。正しいかどうかではなく、その国にとって得か損かが一番大事なのです。だから現状では原爆投下を正当化する米国の論理は致し方ないでしょう。そうした中だからこそ、オバマ大統領の核無き世界へのメッセージは普遍的で価値があるのだと考えます。

こんばんは

こんばんは。

今でもアメリカでは、「原爆投下は、早く戦争を終わらせる
為に必要なことだった」というとんでもない間違った意見が
大半を占める中、オバマ大統領はよく広島に来たものだと、
その事実には感服するところであります。

核兵器廃絶は核抑止力のことを考慮すると、非常に難しい
と思いますが、少しでも世界が平和になるよう願うばかりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パルタ7

Author:パルタ7
うつ病で会社を退職した元サラリーマン。再就職にも失敗し、日々無為に過ごしている。趣味は、クルマ・読書・音楽・映画。持病と格闘中。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数: