1月も終わり・・・

1月も終わってしまった。つい先日まで正月気分だったのに、時間が経つのは早い。

1月の通院は、心療内科1回(ウツ)・内科1回(糖尿病)・鍼灸院3回(腰痛)、医療費は合計約1万5千円。高過ぎ!確定申告でも痛感したが、年齢の割には私は医療費が異常に高い。生活習慣を改めて、病気を治し、医療費を下げなければならない。といっても簡単ではないが・・・。

2月は、下旬に大学卒業予定の長男が4年ぶりに帰郷するので、アパート引き渡しの立ち合いのため、京都まで1泊2日で出かける予定である。交通費&ホテル代が予定外の出費となる。頭が痛い。そのほか、数少ない遊びで雪見温泉にも1回行きたい。これも少しカネがかかる。

生活費の引き落としを含め、預貯金の目減り速度が増しそうだ。宝くじでも当たらないかな・・・。

そういえば、田中マー君のメジャー契約金、7年で151億円!1等5億円の宝くじを30回引き当てるのと同じ。いくら才能があるとはいえ、資本主義社会は所得不平等社会だな。ため息しか出ない・・・。
スポンサーサイト

確定申告

税務署に行って、平成25年分の確定申告を済ませた。所得がないので還付とか無関係であるが、役所で課税所得証明を取る時に面倒になるので、退職後もずっと確定申告を続けている。

やはり昨年は医療費が前年より数万円増加していた。一番の要因は鍼灸院に通い出したこと。バカにならない支払額になっている。病気はどうしてもカネがかかる。やはり治さなくてはいけないと痛感した。

それにして、この時期は確定申告するにはまだ早いと思うのだが、税務署は随分混んでいた。1時間半くらい待たされたが、2月に入るともっと混むのだろう。

雪見温泉

私の冬の楽しみの一つが雪見温泉である。雪深い温泉宿に行って、しんしんと降る雪を見ながら暑い温泉に浸かる。風情がある。先週土曜日にこの冬2回目の雪見温泉に行ってきた。

自立支援医療

新年度の自立支援医療受給者証がやっと届いた。今週土曜日に心療内科に通院予定なので、ギリギリ間に合った。昨年の11月下旬に申請していたが、やはり役所仕事というべきか、手続きにやたらと時間がかかっている。次回の申請はもっと早めにしようと思う。

この制度は本当にありがたい。医療費・薬代の個人負担が3割⇒1割で済むし、上限額も設定されている(以前は0.5割負担だったが)。毎回、大量の抗うつ薬及び睡眠導入剤を処方されているので、この制度がなかったら、お金がかかり過ぎて、病院に行けなくなる。貧乏人は治療も受けられないということだ。

取り敢えず、一安心・・・。

腰痛再発

年末年始の帰省で、クルマを長距離運転したためか、腰に鈍痛が発生。久しぶりに鍼灸院に行った。年越しで通院している人も多く、先生たちと新年の挨拶を交わす声が響いていた。

鍼灸とマッサージで約1時間、されるがままにしていた。その後、取り敢えず痛みは取れたが、再発防止のため、次週の予約もしておいた。完治したいが、難しそうだ。糖尿病対策でもあるが、体重を落とさなければならないと、真剣に思った。

謹賀新年

正月3が日もあっという間に過ぎてしまいました。私のブログを訪問して下さる皆さんへ、改めて、新年のお祝いを申し上げます。今年もよろしくお願いします。

今年も病気との闘いが続きます。うつ病の完治はもう諦めていますが、糖尿病の方は何とかしたい。毎月、通院時に血液検査をして、次回通院時に結果を説明してもらっています。今のところ、各数値は安定していて、良い状態が保たれていますが、昨年秋から、全く運動していないので、体重が増加しました。まだ寒いですが、ウォーキングを再開して、体重を落としたいと思っています。症状が軽くなれば、薬の量も減らすことが出来て、経済的にも楽になります。(糖尿病の通院では、診察と薬代で1回9千円程度。高い!)

それから、今年は、長男の就職が何とか成功することを祈っています。親が援助してやれることは限られているので、本人のやる気次第ですが・・・。来年の正月は美味い祝い酒を飲みたいものです。
プロフィール

パルタ7

Author:パルタ7
うつ病で会社を退職した元サラリーマン。再就職にも失敗し、日々無為に過ごしている。趣味は、クルマ・読書・音楽・映画。持病と格闘中。

最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数: